ゴロゴロ中学受験

中学受験に関する学習塾や中高一貫校のデータ(偏差値、繰り上げ合格、塾別合格者数ランキングなど)を纏めています。

【2017年度】麻布中学校の偏差値、繰り上げ合格人数、塾別合格者数、合格最低点、進学実績など入試結果のまとめ

f:id:goro563:20170408221432j:plain

こんにちは。ゴローです。

今回は2017年度の東京都の男子校、麻布中学校の入試結果を纏めました。

偏差値

サピックス、日能研の結果R4、四谷大塚の結果80偏差値の推移です。

偏差値の推移

麻布のサピックスの偏差値は60、日能研の偏差値は68、四谷大塚の偏差値は67辺りで推移しています。

入試状況

年度 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
定員 300 300 300 300 300 300
出願者 834 874 875 916 908 967
受験者 830 858 859 895 894 947
合格者 363 384 398 387 390 382
出願倍率 2.8 2.9 2.9 3.1 3.0 3.2
受験倍率 2.8 2.9 2.9 3.0 3.0 3.2
実質倍率 2.3 2.2 2.2 2.3 2.3 2.5

出願者、受験者、合格者、入学者の推移

出願者数は2012年の834名から増加傾向にあり、2017年は前年より59名増の967名まで増加しました。今年は麻布が人気化しました。
麻布に出願して受験しなかった人は例年20名前後です。

出願倍率、受験倍率、実質倍率の推移の推移

出願倍率および受験倍率は例年、3倍程度で推移していますが、2017年は3.2倍まで上昇しています。
実質倍率は2.3倍程度でしたが、2017年度は2.5倍まで上昇しました。

入試結果

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
満点 200 200 200 200 200
最高点 - - - 139 146
最低点 98 105 118 103 106

合格者の最高点、最低点の推移

麻布の合格者最低点は2017年は200点満点中の106点でした。53%の得点率が必要でした。
2015年は最低点が118点で6割近い得点率が必要だったようです。
2017年の合格者最高点は146点ですので、最高点と最低点では40点の差がありました。

繰り上げ合格

繰り上げ合格の数は塾の公式サイトに掲載されている合格実績を基に算出しています。

日能研は数時間単位の更新、サピックスは毎日の更新でしたのでいつ繰り上げ合格が出ているかは日能研とサピックスの合格実績を調べることである程度知ることができます。
早稲アカも毎日の更新ではありませんが、2/3~2/6、2/10~11と更新していたのである程度は参考になります。
四谷大塚は公式サイトへの合格実績の掲載開始が遅く(2/10時点のデータを2/12から掲載開始)更新頻度も不定期のため、あまり参考にはできません。

2017年は2月11日(建国記念の日の祝日)の招集日に1名、2/13ごろに4名の繰り上げ合格があったようです。
栄光ゼミナールで2/20に合格実績が16名から18名に増えていましたので2名の繰り上げ合格があったのでしょうか。
一般的には2/13頃には繰り上げ合格の連絡は落ち着くようです。

日付 サピ 日能 早稲 栄光 市進 四谷 エル グノ ジニ 英進 合計 備考
02/03 - 71 47 - - - - - - - - - 118 - 合格発表
02/04 174 73 50 15 4 - - 4 - - - - 320 202 入学手続
02/05 179 73 50 15 4 - - 4 - - - - 325 5
02/06 179 73 50 16 4 66 - 4 1 6 - - 399 74
02/07 179 73 50 16 4 66 - 4 1 6 - 15 414 15
02/08 179 73 50 16 4 66 - 4 1 6 4 15 418 4
02/09 179 73 50 16 4 66 - 4 1 6 4 15 418 0
02/10 179 73 50 16 4 66 4 4 1 6 4 15 422 4
02/11 179 74 50 16 4 66 4 4 1 6 4 15 423 1 入学許可者説明会
02/12 179 74 50 16 4 66 4 4 1 6 4 15 423 0
02/13 181 75 51 16 4 66 4 4 1 6 4 15 427 4
02/20 181 75 51 18 4 66 4 4 1 6 4 15 429 2

塾別の合格実績

順位 人数 割合
1 SAPIX 181 42.2%
2 日能研 75 17.5%
3 四谷大塚 66 15.4%
4 早稲田アカデミー 51 11.9%
5 栄光ゼミナール 18 4.2%
6 英進館 15 3.5%
7 グノーブル 6 1.4%
8 市進学院 4 0.9%
8 希学園 4 0.9%
8 ジーニアス 4 0.9%
8 浜学園 4 0.9%
9 エルカミノ 1 0.2%
合計 429 100.0%

塾別の合格実績割合

サピックスだけで麻布の合格者の42.2%を占めています。

サピと早稲アカの合格実績の推移

サピックスの合格者数は180名前後で安定的に推移しています。
早稲アカの合格者数も50名前後で安定して推移しています。

本の紹介

麻布に関連する本を紹介します。

声の教育社の過去問

定番の過去問です。

東京学参の過去問

進学実績の推移

翌年の中学受験の出願者数に影響を及ぼす、大学への進学実績の推移です。

東京大学

麻布から東京大学の合格者は2012年以降80名台から90名台半ばで推移していましたが、2017年で初めて80名を割って79名に減少しました。
2016年は94名と2012年以降で最多の東大合格者数ですが、これは現役が56名とこれも2012年以降で最多の合格者だったことが原因です。
その反動でしょうか、2017年は15名減の79名まで東大合格者が減少し、現役合格も10名減の46名まで減少しました。
現役合格者は2012年以降で50名以上の合格者がいましたが2017年は46名でした。既卒は2012年以降から30名以上合格しています。
麻布への中学受験出願者は2016年の908名から2017年は967名と59名の大幅増となっています。
これは東大合格者が2015年の88名から2016年に94名に増加したことが原因の1つかもしれませんが、2017年は79名に減少しているため麻布の中学受験出願者も2018年は減るかもしれません。

早稲田大学

麻布から早稲田大学の合格者は2012年から見ると、130名台から170名台の間で推移しています。
2017年の早稲田大学への合格者は、137名と2014年の133名に次いで少ない合格者数でした。現役の合格者数が2012年以降で最少の51名だったことが影響しています。
合格者の傾向として、現役よりも既卒の方が多く2017年は既卒の合格者数は現役より35名多い86名でした。
2017年度の早稲田大学の合格者数は、東大と同様に減少しており、2016年の171名から34名減の137名でした。

慶應義塾大学

麻布から慶應義塾大学の合格者は2013年の154名から減少傾向にあり、2016年が129名、2017年が115名と徐々に減少し、2017年は2012年以降で最少の合格者数でした。
合格者の傾向として早稲田大学と同様に慶應義塾大学も、現役よりも既卒の合格者が多い傾向があります。

他の年度の入試結果

2018年

www.goro-goro.net

2016年

www.goro-goro.net

以上です!