読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴロゴロ中学受験

中学受験に関する学習塾や中高一貫校のデータ(繰り上げ合格、塾別合格者数ランキングなど)を纏めています。

【2017年度】本郷中学校の入試結果

f:id:goro563:20170408215908j:plain

こんにちは。ゴローです。

今回は2017年度の東京都の男子校、本郷の入試結果を纏めました。

第1回の入試状況

年度 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
定員 140 140 80 80 80 80
出願者 674 635 308 415 426 455
受験者 611 566 292 398 398 427
合格者 294 339 128 149 149 153
出願倍率 4.8 4.5 3.9 5.2 5.3 5.7
受験倍率 4.4 4.0 3.7 5.0 5.0 5.3
実質倍率 2.1 1.7 2.3 2.7 2.7 2.8

出願者、受験者、合格者、入学者の推移

本郷の第1回は2014年から日程が2/2から2/1に、定員が140名から80名に変更になりました。
2014年から見ると出願者、受験者ともに増加傾向にあります。出願者は2017年は前年から29名増加し455名になりました。
出願者と受験者の差は2016年と同じ28名でした。
合格者は定員80名に対して約2倍の153名でした。

出願倍率、受験倍率、実質倍率の推移の推移

2017年の出願倍率は5.7倍、受験倍率は5.3倍、実質倍率は2.8倍でした。
いずれも2014年以降で最も高い倍率です。2/1の本郷は年々人気化しているようです。

第1回の入試結果

点数 算数 国語 理科 社会 合計
満点 100 100 75 75 350
最高点 82 88 64 63 268
合格者平均点 49.3 66.4 45.5 47.4 208.5
受験者平均点 38.5 58.7 40.5 41.5 179.2

2017年度の結果

合格者平均点の得点率は国語が最も高く66.4%、次いで社会の63.2%でした。
算数の得点率は49.3%で4科目の中で最低でした。上位校の傾向では算数の得点率が一番高いですが本郷は反対のようです。

合格者平均点と受験者平均点の差は、理科が最も少なく5.0点、社会が5.9点、国語が7.7点、算数が10.8点でした。

算数の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 48.6 68.1 60.0 67.5 49.3
受験者平均点 40.6 56.6 48.5 54.4 38.5

算数の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の67.5%から2017年は49.3%に下がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は13.1点、2017年は10.8点でした。

国語の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 60.4 57.7 63.8 53.5 66.4
受験者平均点 55.4 52.4 58.2 47.4 58.7

国語の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の53.5%から2017年は66.4%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は6.1点、2017年は7.7点でした。

理科の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 45.3 49.5 37.2 48.3 45.5
受験者平均点 40.5 43.3 31.4 39.4 40.5

理科の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の64.4%から2017年は60.7%に下がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は8.9点、2017年は5.0点でした。

社会の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 57.1 60.3 48.4 44.1 47.4
受験者平均点 53.2 55.2 44.7 38.7 41.5

社会の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の58.8%から2017年は63.2%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は5.4点、2017年は5.9点でした。

合計点の受験者平均点、合格者平均点、合格者最低点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
満点 350 350 350 350 350
合格者平均点 211.4 235.5 209.4 213.4 208.5
合格者最低点 180 219 194 194 193
受験者平均点 189.6 207.6 182.8 180.1 179.2

合計の受験者平均点、合格者平均点、合格者最低点の推移グラフ

本郷の第1回の合格者最低点は2016年の194点から1点減の193点に下がりました。合格者最低点の得点率は55.1%でした。
合格者最低点と受験者平均点の差は2016年の13.9点から2017年は13.8点になりました。
2013年は合格者最低点が受験者平均点を下回っています。とても珍しいですが受験者平均点以下でも合格できた時代があったのですね。

第2回の入試状況

年度 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
定員 60 60 120 120 120 120
出願者 486 424 691 1020 1007 1085
受験者 359 280 544 869 817 902
合格者 123 128 285 331 420 448
出願倍率 8.1 7.1 5.8 8.5 8.4 9.0
受験倍率 6.0 4.7 4.5 7.2 6.8 7.5
実質倍率 2.9 2.2 1.9 2.6 1.9 2.0

出願者、受験者、合格者、入学者の推移

本郷の第2回は2014年から日程が2/3から2/2に、定員が60名から120名の2倍に変更になりました。
2014年から見ると出願者、受験者ともに増加傾向にあります。出願者は2017年は前年から78名増加し1085名になりました。
出願者と受験者の差は2016年は190名、2017年は183名でした。
合格者は定員120名に対して3.7倍の448名でした。2014年の合格者285名から1.5倍ほどに増えています。辞退者を見込んで年々合格者を増やしているようです。

出願倍率、受験倍率、実質倍率の推移の推移

2017年の出願倍率は9.0倍、受験倍率は7.5倍、実質倍率は2.0倍でした。
受験日や定員が変わった2014年は倍率が低下しましたが、その後は高くなっています。

第2回の入試結果

点数 算数 国語 理科 社会 合計
満点 100 100 75 75 350
最高点 88 94 69 74 301
合格者平均点 53.8 71.9 46.7 58.5 230.9
受験者平均点 44.0 65.7 39.7 52.9 202.2

2017年度の結果

合格者平均点の得点率は社会が最も高く78.0%、次いで国語の71.9%でした。
算数の得点率は53.8%で4科目の中で最低でした。
合格者平均点と受験者平均点の差は、社会が最も少なく5.6点、国語が6.2点、理科が7.0点、算数が9.8点でした。

算数の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 66.8 68.1 62.8 67.1 53.8
受験者平均点 54.8 57.5 48.1 53.3 44.0

算数の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の67.1%から2017年は53.8%に下がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は13.8点、2017年は9.8点に縮まりました。

国語の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 65.4 63.6 59.1 62.1 71.9
受験者平均点 60.2 57.7 51.1 56.0 65.7

国語の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の62.1%から2017年は71.9%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は6.1点、2017年は6.2点でした。

理科の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 46.2 49.1 43.2 45.9 46.7
受験者平均点 40.8 42.4 35.7 38.8 39.7

理科の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の61.2%から2017年は62.3%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は7.1点、2017年は7.0点でした。

社会の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 52.6 44.6 55.1 55.0 58.5
受験者平均点 47.1 39.3 50.4 49.9 52.9

社会の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の73.3%から2017年は78.0%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は5.1点、2017年は5.6点でした。

合計点の受験者平均点、合格者平均点、合格者最低点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
満点 350 350 350 350 350
合格者平均点 230.9 225.4 220.2 230.0 230.9
合格者最低点 210 199 198 200 206
受験者平均点 202.9 196.9 185.3 198.0 202.2

合計の受験者平均点、合格者平均点、合格者最低点の推移グラフ

本郷の第2回の合格者最低点は2016年の200点から6点増の206点に上がりました。合格者最低点の得点率は58.9%でした。
合格者最低点と受験者平均点の差は2016年の2.0点から2017年は3.8点になりました。2~3点の差で合否が分かれています。

第3回の入試状況

年度 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
定員 40 40 40 40 40 40
出願者 608 540 662 777 771 765
受験者 413 324 431 526 497 473
合格者 105 115 102 88 66 42
出願倍率 15.2 13.5 16.6 19.4 19.3 19.1
受験倍率 10.3 8.1 10.8 13.2 12.4 11.8
実質倍率 3.9 2.8 4.2 6.0 7.5 11.3

出願者、受験者、合格者、入学者の推移

本郷の第3回は2012年から日程は2/5、定員が40名で変わっていません。 出願者は2013年を底に増加していますが、2015年から2017年の3年間は770名前後で安定して推移しています。
受験者は2015年から2017年にかけて減少傾向にあるため、本郷に出願しても別の中学を受験するケースが増えている様です。
合格者は定員40名に対して2012年は100名程度いましたが、年々減少しており2017年は定員ギリギリの42名まで減少しました。第3回については辞退者はほとんど見込んでいない様です。

出願倍率、受験倍率、実質倍率の推移の推移

2017年の出願倍率は19.1倍、受験倍率は11.8倍、実質倍率は11.3でした。
出願倍率は2015年から2017年まで19倍程度で推移していますが、受験倍率は2015年の13.2倍をピークに下落傾向にあります。
ただし、実質倍率は2013年の2.8倍を底に右肩上がりになり2017年は11.3倍まで急上昇しています。2017年の出願者は前年より6名減少していますが、合格者が定員ギリギリの42名しかいなかったため実質倍率が上昇しています。
第3回で合格するのは難しそうですね。

第3回の入試結果

点数 算数 国語 理科 社会 合計
満点 100 100 75 75 350
最高点 94 92 69 72 287
合格者平均点 69.4 73.5 50.6 58.0 251.5
受験者平均点 50.9 60.1 39.2 48.1 198.3

2017年度の結果

合格者平均点の得点率は社会が最も高く77.3%、次いで国語の73.5%でした。
理科の得点率は67.5%で4科目の中で最低でした。

合格者平均点と受験者平均点の差は、社会が最も少なく9.9点、理科が11.4点、国語が13.4点、算数が18.5点でした。

算数の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 62.9 66.4 70.8 76.0 69.4
受験者平均点 47.7 49.6 49.3 57.0 50.9

算数の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の76.0%から2017年は69.4%に下がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は19.0点、2017年は18.5点でした。

国語の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 47.1 58.6 64.8 68.5 73.5
受験者平均点 40.4 49.9 53.7 56.6 60.1

国語の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

国語の合格者平均点・受験者平均点ともに2013年から右肩上がりで上昇しています。
国語の問題が簡単になっているのでしょうか。
合格者平均点の得点率は2016年の68.5%から2017年は73.5%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は11.9点から2017年は13.4点に開きました。
得点率は上がっていますが、合格者平均点と受験者平均点の差は年々開いてきています。

理科の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 40.1 47.3 45.7 58.5 50.6
受験者平均点 34.6 40.5 34.9 50.0 39.2

理科の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の78.0%から2017年は67.5%に下がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は8.5点から2017年は11.4点に広がりました。

社会の合格者平均点、受験者平均点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
合格者平均点 47.6 45.4 50.2 55.3 58.0
受験者平均点 40.6 37.9 40.8 46.5 48.1

社会の合格者平均点、受験者平均点の推移グラフ

合格者平均点の得点率は2016年の73.7%から2017年は77.3%に上がりました。
合格者平均点と受験者平均点の差は、2016年は8.8点、2017年は9.9点でした。

合計点の受験者平均点、合格者平均点、合格者最低点の推移

点数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
満点 350 350 350 350 350
合格者平均点 197.7 217.7 231.5 258.3 251.5
合格者最低点 176 201 216 246 239
受験者平均点 163.2 177.8 178.7 210.2 198.3

合計の受験者平均点、合格者平均点、合格者最低点の推移グラフ

本郷の第3回の合格者最低点は2016年の246点から2017年は239点に下がりました。合格者最低点の得点率は68.3%でした。
合格者最低点と受験者平均点の差は2016年の35.8点から2017年は40.7点になりました。

繰上げ合格

繰上げ合格の数は塾の公式サイトに掲載されている合格実績を基に算出しています。
繰上げ合格ではなく、塾生からの連絡が遅れて合格実績にカウントされているケースも考えられますので参考程度に見てください。

日能研は数時間単位の更新、サピックスは毎日の更新でしたのでいつ繰上げ合格が出ているかは、日能研とサピックスの合格実績を調べることである程度知ることができます。

本郷の繰上げ合格は、2017年はあまり出していないようです。
2/11の招集日以降でサピックスの繰上げ合格は2名、日能研の繰上げ合格はありませんでした。
第3回目の入試で定員ギリギリでしか合格を出していなかったので、辞退者が少ないことが見込めていたようです。

日付 サピ 日能 早稲 栄光 市進 四谷 エル グノ ジニ 合計
02/02 17 128 - - - - - - - - 145 -
02/03 108 128 113 - - - - - - - 349 204
02/04 172 128 114 36 18 3 - - - - 471 122
02/05 187 139 119 36 18 3 - - - - 502 31
02/06 202 140 121 41 18 3 - 1 - - 526 24
02/07 202 141 121 41 18 3 - 1 - - 527 1
02/08 202 141 121 41 18 3 - 1 - 7 534 7
02/09 202 141 121 41 18 3 - 1 - 7 534 0
02/10 202 141 122 41 18 3 157 1 - 7 692 158
02/11 202 141 122 41 18 3 157 1 - 7 692 0
02/12 203 141 122 41 18 3 157 1 - 7 693 1
02/13 204 141 122 41 18 3 157 1 - 7 694 1
02/14 204 141 122 41 18 3 157 1 - 7 694 0
02/21 204 141 122 41 18 3 163 1 - 7 700 6
03/04 204 141 122 41 18 3 163 1 5 7 705 5

塾別の合格実績

順位 人数 割合
1 SAPIX 204 28.9%
2 四谷大塚 163 23.1%
3 日能研 141 20.0%
4 早稲田アカデミー 122 17.3%
5 栄光ゼミナール 41 5.8%
6 市進学院 18 2.6%
7 ジーニアス 7 1.0%
8 グノーブル 5 0.7%
9 希学園 3 0.4%
10 エルカミノ 1 0.1%
合計 705 100.0%

塾別の合格実績割合TOP10

本郷への合格実績は1位はサピックス、2位は四谷大塚、3位は日能研でした。

サピと早稲アカの合格実績の推移

サピックスは右肩上がりで本郷の合格実績を増やしています。2017年は前年比7名増の204名に増えました。
早稲アカは2013年はサピックスの合格者数を上回っていましたが、その後はサピックスを下回っています。

以上です!