ゴロゴロ中学受験

中学受験に関する学習塾や中高一貫校のデータ(繰り上げ合格、塾別合格者数ランキングなど)を纏めています。

【2016年度】成蹊の入試結果

こんにちは。ゴローです。 今回は、東京の共学校 成蹊中学です。偏差値はSAPIX:37、日能研R4:49、四谷大塚:49、首都圏模試:57です。

塾別の偏差値比較

日能研の偏差値は第1回と第2回の差が7もあります。

入試の出願状況

2016年の志願者、受験者、合格者数

第1回 試験日:2/1、募集:男子約50名、女子約35名(合計:約85名)
第2回 試験日:2/4、募集:男子約25名、女子約20名(合計:約45名)
合計:約130名

男子の第1回の応募者、受験者、合格者数の推移

繰上げ合格者は2013年に5名出ていますが、2014年、2015年は0名です。
応募者は増加傾向にあります。2016年の応募者は前年比117.8%の165名です。

女子の第1回の応募者、受験者、合格者数の推移

繰上げ合格者は2013年に6名出ていますが、2014年、2015年は0名です。
女子も応募者は増加傾向にあります。2016年の応募者は前年比108.5%の140名です。

男子の第2回の応募者、受験者、合格者数の推移

繰上げ合格者は2013年に5名出ていますが、2014年、2015年は0名です。
2016年の応募者は前年比120.6%の245名です。

女子の第2回の応募者、受験者、合格者数の推移

繰上げ合格者は2013年に1名出ていますが、2014年、2015年は0名です。
女子は第1回に続き第2回も応募者は増加傾向にあります。2016年の応募者は前年比125.7%の244名です。

4科目の最高点と男女別の受験者平均点、合格者平均点

第1回

配点は国語:100点、算数:100点、社会:50点、理科:50点の300点満点です。
第1回試験は4科目すべてで、男子よりも女子の成績が優秀です。特に、国語と社会では男子の合格者平均よりも女子の受験者平均のほうが点数が高いです!

第2回

配点は国語:100点、算数:100点、社会:50点、理科:50点の300点満点です。
第2回も合格者平均は女子が男子をすべて上回っています。

男女別の4科目合計の合格者最高点、合格者最低点

4科目合計は300点満点です。
合計点でも女子の優秀さが目立ちますね。

塾別の合格実績割合

日能研が1位です。1人の差でSAPIXが2位。3位は四谷大塚、4位は早稲田アカデミーでした。

本の紹介

過去問

成蹊を受験予定の方は過去問をどうぞ。

その他

Webサイトに2014年度と2015年度の一般入試過去問題の問題用紙と解答用紙がダウンロードできますので、興味のある方は見てください。
成蹊小学校からの進学者は120名程度、中学校からの入学者は国際学級も含めて140名程度います。
筆記試験においては、科目ごとの合格基準点は設定されていません。
繰上合格の対象者には2/6 14:30~15:30の間か、それ以降の日に電話連絡があるそうです。

成蹊を受験予定の方は頑張ってくださいね。